株式会社宮入バルブ製作所 MIYAIRI VALVE MFG.CO.,LTD.

COMPANYトップメッセージ

日本のLPガスの発展とともに育てていただいたMSブランド
エネルギーの未来と暮らしの未来に向けてさらに飛躍していきます

 当社は、1949年の設立から約70年にわたり、LPガス供給に関わるバルブ類を川上から川下まで一気通貫(製造設備用、貯蔵設備用、ガスコック、容器用、バルク貯槽用等)で供給するメーカーとして、日本のLPガス業界の発展とともに事業を拡大させていただきました。LPガス事業分野は当社の祖業であり、現在もなお「コア事業」として、厳しい基準に則った安心・安全、高品質な製品の製造および開発、販売に邁進しております。

 また、LPガスで培った高圧ガスの取扱技術と超低温の素材技術をもとに、さらなるクリーン・エネルギーと期待されているLNG(液化天然ガス)や究極のクリーン・エネルギーといわれる液体水素の設備で使用される極低温バルブ類の開発・製品化および販売を「拡大事業」として、加速させております。

 これら2つの事業分野に加えて、第3の事業分野を確立させるべく、「新事業」として食品加工産業で使用されるバルブ、ノズル、カップリングの開発・製品化および販売に挑戦しております。その取組みのなかから、ワイン濾過機が派生的に誕生してきましたが、これは、従来はバルブという「部品」を提供してきた当社が、セットメーカーとして最終製品を提供させていただくという当社としては画期的な事業となっております。

 このように、エネルギー関連分野に軸足を定めたうえで、暮らし関連分野での製品開発を積極的に推進することで、それぞれの未来に向けて貢献し、飛躍していきたいと考えます。社会、お客様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様の、より一層のご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。